紋様や色による使い分け

着物の種類と用途について

着物には、染めのきものや織りのきものなどがあって、また格もあり代表的な種類も複数あります。黒紋付は、最高礼装で帯を変えることで、慶事や弔事に使われます。各場所にある紋には意味があり、背中は御先祖で胸は両親、両袖は兄弟や親戚を表しています。結婚式などに使われる留袖は、既婚女性が着る黒留袖や、未既婚問わず着る紋付や袖模様が特徴の色留袖などがあります。
訪問着は、華やかな絵羽模様が特徴の着物で、訪問先によっては袋帯を使う場合もあり、また訪問着と同格に付け下げがあって、柄が全て上向きになっています。色無地は、一色で無地の染めのきもので、紋を付けることで訪問着と同じ格好になり、明るさ暗さの色使いによって、慶事や弔事に使い分けます。小紋は、外出着や普段着、街着などに使われるおしゃれ着の代表的な着物で、色々な着こなしができる特徴を持っています。
小紋同様に外出用として、紬があり通が好む着物で温かみのある生地には、高価なタイプもあって奥の深い着物です。成人式の時に着る定番の着物に振袖があり、他の着物と違い袖の長さが特徴で、成人式以外でもお祝い事にも着ることができます。着物にも色々な種類があり、種類によって使い分けや格を表しています。

着物初心者にはまず着物レンタル

着物に興味はあるけどいきなり買ってしまうのは抵抗がある、1度買っても着続けるかどうかわからないという人には、まず着物レンタルを利用する選択肢があります。たとえ着物に興味を持っていたとしても、Tシャツを買うようには気軽に買えません。Tシャツはサッと着てしまえばそれで終わりかもしれませんが、着物の場合は着付けに時間がかかります。正しく着なければおかしくなってしまいますので、基本的なところから学ばないといけないです。それなら、まずは着物レンタルからスタートです。
京都や鎌倉や浅草などの古都には、着物レンタルの店があります。それらの着物レンタルの店でまず着物をレンタルしてみれば、観光がてら着物を着ることに慣れることができます。最初のうちは、さすがにぎこちなさを感じてしまうかもしれません。洋服に比べれば、歩きにくいかもしれないです。しかし、それは慣れてしまえば平気ですし、それよりも独特の着心地や見た目を気に入ることのメリットのほうが大きいです。
着物レンタルを利用して着物を着ることに慣れていけば、それがだんだんと普通になっていきます。そうすればいずれは着物を買ってみたいと自然に思えるようになるかもしれませんし、着物レンタルから着物に触れてみると良いです。

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Menu

Update List

日本人に住むなら知っておきたい着物のマナー

"着物の細かい種類について 日本の民族衣装と言える着物ですが、多くの方にとってそうしょっちゅう着るもの…

More...

変わらない着物と変わっていく着物

着物を洗濯する場合は専門店へ 着物は長期間着ることなく保存していたものや、着ているうちに汗やシミなどが…

More...

テープの帯で簡単着付け

着物の色々なことについて 着物はどこか時代を感じる方が多いと思います。最近では冠婚葬祭にも着物で参加す…

More...

紋様や色による使い分け

着物の種類と用途について 着物には、染めのきものや織りのきものなどがあって、また格もあり代表的な種類も…

More...