日本人に住むなら知っておきたい着物のマナー

着物の細かい種類について

日本の民族衣装と言える着物ですが、多くの方にとってそうしょっちゅう着るものではないので、意外と着物について知っていることが少ないのではないでしょうか。実は着物にも洋服と同じように正装用と普段着用があり、この二つにもにもいくつかの種類があります。それぞれ種類によってきて行く場が決まっていたりするので、大人のマナーとして知っておいた方が便利です。
正装用の着物の中でも結婚式などのおめでたい席や、お茶会などの格式の高い席で着ていく着物が、黒留袖や色留袖、訪問着などです。黒留袖は主に既婚者用なので、既婚者の女性が着る正装用の着物です。色留袖については本来なら既婚者用の着物ですが、最近では未婚の女性が着ることが多くなっています。また、訪問着については未婚でも既婚でも関係なく着られて、おめでたい席や華やかな席では大概の場所では訪問着で大丈夫です。
また、未婚の女性だけが着られる振袖という着物もあります。振袖は成人式でよく見かける着物のことです。また、お葬式などの際に着る黒喪服とよばれる正装用の着物もあります。他にも普段着としてきる小紋や紬という着物もあってそれぞれ微妙に違ってくるので、調べて知っておくと便利です。

着物について

日本人が古くから愛してきた着物ですが、現代の生活においてはそうそう着る機会もありません。なのでいくら日本人といえど着物についてそこまで詳しくないのが普通です。実は、着物と一口に言っても様々な種類があるということをご存知でしょうか。たとえばその一つが留袖です。留袖は正装用の着物の一つで、結婚式などのおめでたい席や華やかな席でも来ていける着物です。
また、留袖の大きな特徴として、既婚者用の着物だということが挙げられるます。留袖は基本的に結婚している女性が着る着物だと決まっているのです。また、黒以外の色で染められた留袖を色留袖と呼ぶのですが、こちらは未婚の女性が着る事も多くなりました。本来は黒い留袖と同じように既婚者用の着物だったのですが、最近では結婚しない女性も増えたせいか未婚の女性が着ても大丈夫なようです。
また、逆に未婚の女性しか着られない着物もあります。それが振袖です。振袖は成人式の際に着ることが多いので、一度は着たことがある方もたくさんいらっしゃると思います。振袖は非常に華やかな着物で、最近では未婚の女性というよりは若い女性が着るための着物とも言えます。また、その他にも訪問着と呼ばれる着物なら未婚既婚共に着られるので、迷った場合などはこちらがおすすめです。”

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Menu

Update List

日本人に住むなら知っておきたい着物のマナー

"着物の細かい種類について 日本の民族衣装と言える着物ですが、多くの方にとってそうしょっちゅう着るもの…

More...

変わらない着物と変わっていく着物

着物を洗濯する場合は専門店へ 着物は長期間着ることなく保存していたものや、着ているうちに汗やシミなどが…

More...

テープの帯で簡単着付け

着物の色々なことについて 着物はどこか時代を感じる方が多いと思います。最近では冠婚葬祭にも着物で参加す…

More...

紋様や色による使い分け

着物の種類と用途について 着物には、染めのきものや織りのきものなどがあって、また格もあり代表的な種類も…

More...