一度は試してみたい和の装い

着物を着られる人の増加には

昔に比べて、着物を着られる人の人口は減っています。ですが、着物の着付教室などに通えば簡単に着物が着られるようになります。無料のものから有料のものまであるので、予算などに応じて使い分けてみましょう。着付教室を利用する時に気をつけておくことは、まず着物を準備しなければならない点です。貸出などを行っているところもあるので、一度相談してみてもいいでしょう。
おすすめの着物着付教室を探すには、口コミをチェックすることも大切です。まずは着物を着るために、着付け小物などを揃えてみましょう。高い着物を買うことがためらわれるのであれば、中古の着物から始めてみるのも良いでしょう。着物は意外と着慣れれば簡単に着ることができます。普段から着物を着て歩くこともできますし、ちょっとしたおしゃれをしたい時にも便利です。
一度覚えてしまえばすぐにできるようになるので、最初は教えてもらうところから始めましょう。プロの講師が教えてくれるので、きれいに素早く着付けができるようになるのが魅力です。もちろんステップアップもすることができるので、一番最初は未経験からスタートしてみましょう。ちょっとしたコツを聞くことで、上達しやすくなります。

着付けを覚える近道

着付けをできるようになりたいけれど教室に通うのも不安、教室に通ったけれど忘れかけているといった方も多いのではないでしょうか。そんな方にまずお勧めするのが、着物を着る機会や着物を着て何かするという目的を持つことです。着物はあくまで衣服です。着物を着るのは、何かをする目的があるためだと思います。「着物を着ることができるようになり、着物を着てお出かけできる「大人の女性」になりたい」「着物で生活できるようになりたい」などいろいろな目的があるのではないでしょうか。
着物を完全にマスターしてからこれらのことを行うのではなく、少し着ることができるようになったら外に出てみることが大切です。どうにか着物を着て、簡単な帯結びができるようになったら、短時間でも外出してみてください。上手にできなくても、上からストールでも羽織れば目立ちません。おせっかいな方が直してくださるかもしれませんが、良い勉強です。さらにお勧めなのが、着物でお出かけの日を設定して約束してしまうことです。
「この日はこの着物で出かけなければならない」と緊張感が生まれ、必死に練習するようになります。数週間でも一気に上達すること間違いなしです。そして、着物を着て外出したり、何かすることで着物が身体になじみますし、自信も生まれます。そうすれば着物を着るのが楽しくなり、着物に親しむことができます。着物が身近になること。これが着付けを覚える近道です。

きもの・長襦袢・コート・羽尺は、未仕立ての状態でお届けいたします。 メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! お仕立て上がり訪問着は5万8千円からです。 振り袖、黒留袖、色留袖、訪問着、付下げ、色無地、小紋、紬、浴衣、喪服、TPOに応じたお着物を豊富にご用意しています。 袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 京都きもの市場

Calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Menu

Update List

日本人に住むなら知っておきたい着物のマナー

"着物の細かい種類について 日本の民族衣装と言える着物ですが、多くの方にとってそうしょっちゅう着るもの…

More...

変わらない着物と変わっていく着物

着物を洗濯する場合は専門店へ 着物は長期間着ることなく保存していたものや、着ているうちに汗やシミなどが…

More...

テープの帯で簡単着付け

着物の色々なことについて 着物はどこか時代を感じる方が多いと思います。最近では冠婚葬祭にも着物で参加す…

More...

紋様や色による使い分け

着物の種類と用途について 着物には、染めのきものや織りのきものなどがあって、また格もあり代表的な種類も…

More...